ジェネパのあゆみ

ジェネレーションパスは、アルバムなどの思い出写真のアーカイブ化、映像化システムの製造販売を目的とした事業からスタートしました。大切な思い出をきれいな状態で振り返ることができるようにしたいと思ったのがジェネレーションパスを設立したきっかけです。今のようにEC事業に本格的に取り組み始めたのは会社設立5年目くらいからになります。お客さんの中に家具の職人さんがいて、「販路の拡大ができない」と相談を受けました。世代から世代への橋渡し役になりたいという思いで始めた会社でしたので、そうした作り手の思いを次へと伝えることも仕事のうちだと使命感を感じました。そこで目をつけたのがインターネットのマーケティングでした。

当社が運営するインターネットショッピングサイト「リコメン堂」は、今では取り扱い点数は115万点以上、取引実績も400社を超えるまでに成長しました。 これからも商品を探す人と作る人のベストマッチングのお手伝いができればと思っています。

ayumi-01

 

沿革

2002年1月思い出写真のアーカイブ化、映像化システムの製造販売を事業目的とした、(株)ジェネレーションパスを設立。
2002年2月デジタルフォトアルバムプログラム作成装置及び記録媒体に関する特許申請
2007年6月ネットマーケティング事業「リコメン堂」開始
2012年12月システム構築企業「(株)トリプルダブル」を子会社化
2013年1月ネットマーケティング事業をECマーケティング事業とし、合わせて、ECサポート事業の開始
2014年9月東京証券取引所マザーズ市場に上場
2015年3月ベトナム工場と提携、大手流通小売業向けに主に家具商材の開発スタート
2015年4月 カンボジア工場との提携
ファブリック商品の開発スタート
2015年7月世界有数の大手複合企業 Charoen Pokphand(チャロン・ポカパン) Group Company Limitedと資本提携
2015年7月 資本金を6億2,212万円に増資
2015年11月上海政府運営ECモール「跨境通(KJT.com)」へ日本企業第一号として出店
2017年1月 自社ブランド家電「Simplus」販売開始
2017年9月アクトインテリアグループ、ITEA株式会社を子会社化
2017年10月タイ・ベトナム・マレーシアにて商品企画関連事業の新規取引を開始